業務案内

業務体制建築設計・監理コンサルティング調査

業務体制

 よりよい建築を実現するためには、最適な設計者を選定することが重要です。

 協同組合 久留米建築設計協会は、久留米地区で唯一の建築設計の専門家集団として、どこの設計事務所に依頼をしたらいいのか分からない、直接設計事務所に相談をしにくいとお困りのクライアントへ、事業の成功に向けてお手伝いをいたします。
 まずはお気軽にお問い合わせください、設計者として経験豊富な会員が応対いたします。

 業務遂行にあたり、当組合の会員33社の中から最適な会員を設計者として選定させていただきます。
 大型建築物や特殊技術を要する建築物の場合など、クライアントの事情に沿えるよう、当組合の中から複数の設計者を選定し設計共同体を組織にて対応いたします。
 意匠、構造、設備の設計者からなる設計共同体が豊富な知識と経験を活かしクライアントへ最適なご提案をいたします。

 当組合では建築設計・監理業務以外にもコンサルティング・文化財調査及び復元設計・防災支援など多種多様な業務にも対応しています。

建築設計・監理

 設計業務ではクライアントとの打合せ・行政協議、建築基準法に基づく法チェック、設計図書の作成、工事費概算及び積算書の作成、概略工事工程の作成、模型やパースの作成を行 います。また、構造計算、電気や機械設備の機器や仕様選定なども行います。

 監理業務では工事着手前のクライアントによる施工者選定の補助、定例会議の実施、品質管理、工程管理、コスト管理などを行います。また、配筋検査・中間・完了検査などの各種検査、施工図のチェックなどを通じて、設計図書通りに施工されているか確認を行います。

コンサルティング

 新築・増築・リフォーム・リノベーションを問わず、企画から設計、工事監理、運営のあらゆる段階において、クライアントの事業計画に向け最適な提案をいたします。企画立案、デザイン監修、監理監修、設計業務委託仕様書の作成、設計図書の照査、耐震診断、防災支援など様々な業務に対応が可能です。

調 査

 既存建物の維持管理・修繕・更新などの老朽化対策に活かしていけるように、調査を行います。歴史的建造物の調査、法定点検の定期報告など既存建物について調査を行い報告書や図面の作成などを行います。